読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるむ つながる時間

自然とあそぶこと、アロマ、フラワーエッセンス、中国茶がすき。

本当の自分に嘘をつかないとは

ひとりごと こころとからだ

今日は一ヶ月ぶりのヨガへ。

 

仲良しの友達とセミプライベートにしたので

空気感も、すごくよかった。

身体を解放して

心も軽くなった~

 

 

私のヨガの先生は

人生の先輩、師匠、すきなひと、憧れ...

とにかく、そんな存在。

 

 

起こるすべてのありのままを

受け入れて、調和して

この地球上で魂を生きてる。

 

たまには鋭い指摘で

わたしたちを引き上げてくれる。

 

今日のヨガも

自分の感覚をごまかしてないか

自分にほんとに集中してるか

 

というところを重視されてたかんじ。

 

 

たとえば

夏が暑くて嫌なら、そう思う自分の声を

ほんとにちゃんと聞いてるか。

 

 

怒ってるなら

悲しんでるなら

そんな自分を

 

ごまかしてないか。

 

感じることを許す

 

 

ほんとは苦手なのに笑ってあわせてるとか

 

ほんとは子どものと時間を楽しんでるのに

夏休みって大変よね~と愚痴にあわせるとか 

 

たいして興味なくても

いいね!とか素敵~といってみるとか

 

 

そんなことが多いとおもう

 

とくに女性なんてそれが

周りと繋がる方法ともいえるしね...

 

 

自分を大事にするとか

本来の自分に戻る、って

 

べつにたいした変化じゃなくて

 

そんな自分の声をきいてあげることなのかも。

 

先生の話を聞いてそう思った。

 

 

こんなことで怒ったり落ち込むなんて

 

子どもっぽいとか

癒されてないトラウマが...とか

なにか言われたら恥ずかしいとか

 

自分でブレーキしてしまいがちなこと

 

心の勉強して

セラピストとかいってるのに 

自分のこんなことも解決できないのか?

 

そんなことも

 

認めて、許して、漂わせる~

 

 

 

そして本当に大切なことって

公言しなくていいとおもうの。

 

 

私、宇宙人です~とか

なんとかの生まれ変わりとか

なんかの使命があるみたいですとか

 

本人がわかっていれば

べつに、言わなくていいとおもう。

こころに秘めて、その道をいけば...

 

知らしめる、説得する必要なんて

ないんじゃないかな。

 

 なんだか話がずれてきたけど

 

承認して~のアピールしてないで

まずは自分が自分をわかってあげよう

 

 

そーいうことかな。

 

ヨガをすると自分に戻れるからすき🎵🎵