ゆるむ つながる時間

自然とあそぶこと、アロマ、フラワーエッセンス、中国茶がすき。

日々の生活の集合体が人生、なら。

ここのところ

繰り返す生活 について考えています。

 

 

あまり予定も入れなくなって

何もしない日 が増えてくると

 

1日が、

子どもの送り迎えや家事なんかで終わっていき

気づくと日が暮れている

 

 

主婦歴10年にもなると

ぼーっとしている日にも慣れているから

それで焦るとか嫌とかいう次元ではないのだけど

 

(たまに、「何もしない日だった」といって

やや落ちこんでいる人をみると

人間なんてそれが普通なんじゃないかい?、、と思ってしまう)

 

 

 

うまく説明できるかわからないけど

最近の感覚では

 

たまに時間に追い越されるっていうか。

体内時計と実際の時間がずれちゃう。

 

十分マイペースでゆっくりしてるんだけど

その中にも、送り迎えしなきゃ!の時間とか

夕飯つくらなきゃ、という固定タイムがあるので

 

ぼーっとゆるみすぎてると

その段差が意外にこたえるっていうか。笑

 

 

もっともっと何にも追われずにマイペースでいたい

って思うようになってきてて。

 

 

ゆっくりしてるのになんでだろう?

もしかして

これって暇すぎるときに逆に起きる現象なのかな?と

 

 

何か、予定があって

忙しくしちゃったほうが、

家事とかもスイスイ回るかんじもあるなーと。

(全体的には疲れるけど、

 ギアチェンジがないから楽っていう感覚)

 

 

別にこれは

どっちがいいとかそういう話ではなくて

私の場合そうだなー、というだけです。

 

 

 

 

 

繰り返す生活について考えはじめた

きっかけは、こちらの記事を目にしたところから。

以前Facebookでもシェアさせていただきました

 

mount-hayashi.hatenablog.com

 

繰り返す生活が苦手 という星野源さんの話から

 

掃除、洗濯、料理、に手をかけるよりも

外でなしとげることに重きをおいてしまいがちだよね

 

そうするといろんなことがおろそかになって

最終的には身体を壊したりするんだろうね

っていう話でした。

 

 

私は結婚前からそうだったなぁと思います。

食事などは特におろそかにしがちだったし。

 

お菓子だけ食べてれば生きられればいいのにと

本気で思ってたし。。。

 

 

 

 




今週のしいたけ占い、蠍座では

 

あなたは、ほかの人と違って「生活の目標を達成し、今の生活に慣れてくると途端に弱ってくる」ということがある人だから。

 

と書かれてまして。。。

 

ほんとそう思います。

引っ越しとか、転勤とか環境変化のときははりきるけれど

そこでの生活に慣れてくると弱る〜

 

何もやる気が感じられない

こんな感じだったらいま消えても別によくない?みたいな

鬱状態みたいに、すぐなっちゃう。

 

 

そんな中でも自分のための時間をつくっていく時期らしいです。

 

 

そうかー、と思いながら

さらに石井ゆかりさん「筋トレ」を読んだら

やっぱりその部分を調整する期間みたいでした。

忙しい現代社会では
自分一人のためのこととか
完全にプライベートなことなどは
「外向けにやるべきこと」のボリュームに押し出されて
つい、おろそかになってしまいがちです。


でも、今週以降、貴方は
「自分のこと」にもっと手間暇かけたい!
という思いが強くなっていくだろうと思うのです。
自分のことがスカスカのままだと
人のための行動や外向けの活動も、
だんだん空疎に、中身の薄いものになりがちです。


「生活」の集合体が「人生」だとするなら
「生活」のナカミを濃くすることは、「人生」を豊かにすることに直結するはずです。
この時期の蠍座の人々には
そうしたことがダイナミックに見通せているのだろうと思います。 

 

 

最後の部分がとくに心に刺さりました。

 

 

ミラクル!みたいなキラキラ刺激を求めるよりも

 

料理したり、お菓子つくったり、家のことしたり

少しずつ運動したり

早寝早起きしたり

 

そういうひとつひとつ、地味だけど

私にとっては続けるのが難しかったことを

 

意識しながらそのなかにある喜びを濃くしていく冬なのかな〜

 

 

 

あと、すぐ外へ何か習いに行きたくなるのも

この、外に重きをおく癖だったのかも。

 

子どもの習い事でも

外へ外へ探してて。

 

でもやっと、家でできることもたくさんあるんだって気づいた。

 

いろいろ、内側の充実へとシフトしていきますね。

 

それをみつけていくのもまた、楽しみたいです。