ゆるむ つながる時間

自然とあそぶこと、アロマ、フラワーエッセンス、中国茶がすき。

手のかかる赤ちゃんを育てていたあの頃

姪っ子が誕生したので家族で会いにいってきました。

 

うちの息子(6歳)は、

首のすわらない赤ちゃんに緊張しながらも

一生懸命、抱っこしたり、あやしたり

添い寝したり、、、

 

ハイテンションで過ごし、

その落差なのか

夕飯後、電車で家に帰るころには

疲れて半べそ。。。

 

よく聞いてみると、

いつも見ているテレビを見たいと言えず

見逃したと。笑

 

普段は気ままな一人っ子。

お兄ちゃん!と持ち上げられ、彼なりに気を使ったのね。

 

 

で、姪っ子は

生後10日なのですが

ずーっとおとなしく寝ていて全然泣かないし

まわりで大人がうるさくおしゃべりしてても寝てるし

ミルク良くのんで

沐浴もおとなしくやってて。

まだ里帰り中だから、ジジババサポート万全だし

ママも、ゆったりと余裕もってる感じでした。

 

 

 

息子のときはといえば、、、

まず、中国に住んでいたのでサポートなし

 

いきなり黄疸で入院💦

 

すぐ泣くので頻繁に授乳

よって頻繁オムツ替え

哺乳瓶を嫌がり、ミルク使えない

寝ない

抱っこしてないと泣く

寝てもベットに置くと泣いて起きる

よって、一日中ずっと抱っこで腱鞘炎

 

泣き声がでかすぎる

不眠、ノイローゼ気味、

シャンプーや顔洗うのも一苦労、、、

 

物音ですぐ起きるから

家族はヒソヒソ声で話してた。。。

 

大変すぎて、記憶飛んでますが

今思えばたぶん産後ウツっぽかったんじゃないかなぁ

朝がくると

また今日1日をどう過ごせばいいのかと泣いてたし。

誰にも会いたくなかったし。

 

 

育児で過労死した人っていないのかなぁって

よく思ってました。

 

でも持病があって授かりにくくて

やっと産まれてくれた子なのに

こんなこと思っちゃうことに

自己嫌悪になったりしてね。

 

いやー普通にしてても大変なのに

どこまでドMなんだろうね。。。

 

 

同じようなタイプの赤ちゃんを育ててる友達もいたから

わたしだけ、とは思わなくて

途中からは、ネタになったけど。

 

(夢のようにおとなしい赤ちゃんを育ててるママとは

全く話がかみあわないよね、とか。。。笑)

 

 

 

で、昨日は姪っ子をみていて正直、

こんなに楽でいいなーーー

ってうらやましく思った。

 

 

手がかかるタイプの子も

親を選んでくるんだとか

それを通してママに何かを伝えているとか

魂がそれを望んでるとか

この経験が必要で何につながったんだとか

 

いろいろ、そういう方向に解釈するのは

好きだから、できるし、
それがわかれば、そうかぁ!感謝!ってなるけど

 

 

そういうの頭でむりくり解釈する以前に

いったん正直に感じたいと思うの。

 

まじで、死ぬかと思ったよねー!

誰よりも頑張ったよねー!

自分、お疲れ!!!えらすぎる!

 

ってシンプルに今はいいたいかな。

 

それをシンプルに言えなくて

 

いやいや、生まれてきてくれただけで感謝!とかって

 

自然に沸き上がるならいいけど

無理やりそう思い込もう、

自分に言い聞かせようとするのは

苦しいよね。

 

優等生解釈して、言い聞かせて

窒息しそうになってることに気づかないのが一番危険ね。

 

 

わたしの中では、一人っ子だけど3人くらいやった感だよ。。。

ほんとよくやった!

 

 

そんなこんなをひっくるめて

今は、一つの区切りだな〜と思いました。

 

過去の再解釈というか

自分が自分を誉めてあげるみたいな(^^)

 

そういうのって

癒そう!とか思ったり

外に無理やり探し求めなくても

無理やり自分を誉めるワークとかしなくても

(そんなのあるのかは知らないけど。。)

 

人生のいつかのタイミングで

最適に自然に自力で訪れるものなんだな、と

 

経験を経て、

信じられるようになった気がします。

 

自分であることに安心し、

外をみて比べて焦らないこと

 

これがいま染み込ませたいことです(^^)